肌への影響

古代エジプトの時代から料理や薬、香料などに活用されてきたコリアンダーですが、コリアンダーの完熟した果実からは、そのスパイシーでほのかな甘みを堪能できる芳香を存分に楽しめるエッセンシャルオイル(精油)が抽出されます。
コリアンダーの果実には強い抗菌作用があり、この時代の王家の墓から多く発見されていることから、ミイラの防腐剤や神聖な儀式のため芳香のとして用いられていたと考えられています。

この果実から抽出したコリアンダーのエッセンシャルオイルにも当然高い抗菌作用があり、肌に使用することで嫌な臭いを発するバクテリアなどの増殖を抑制することもできるので、デオドラント(消臭剤)としても重宝されています。
特に、コリアンダーの精油は、足の裏やわきの下などの汗でむれやすく雑菌が繁殖しやすい場所に利用することで高い消臭効果が期待できます。
ただし、精油を消臭剤として使用するときには、原液そのままだと肌への刺激が強いので、精油を水などで希釈して手作りのデオドラントスプレーを作ったり、アロマバスに数滴垂らして利用したりするなどの工夫が必要です。
最近ではコリアンダーの精油を配合したスプレーも市販されているので、スプレーを作るのが面倒だという方はこうした製品の使用をお勧めします。

また、コリアンダーはハーブティーとしてもヨーロッパを中心に古くから飲まれていますが、ハーブティーとして摂取することで消化を促進して胃腸の調子を整えることができます。また、体内に取り込んだ有害物質の排出を促進するデトックス作用もあるので、腸内環境を改善して美しい肌をつくる美容効果も期待できます。

 

コメントは受け付けていません。